水TOP > 水の種類 > 水道水

水道水の安全性について

私たちが蛇口をひねれば出てくる水道水は、日本では国が定めた安全基準に基づき水道水を供給するように義務付けられています。

そして私たちが水道水の安全性を確認するには、水道局で定期的に行われる水質検査の結果をチェックするしかありません。

水質チェックが行われている水道水ですが、発がん物質が含まれているのも事実です。水道水を飲用できるように浄化する過程において、塩素が大量投入されるわけですが、この塩素が発がん物質となるトリハロメタン発生の要因となってしまうのです。

生活排水や農業用水により、川や海の水が汚染され、それらの水が集まる上水場では、有害物質を除去するために、どんどん塩素が投入されます。水源の状況に応じて塩素の投入量も変わってくるため、日によって残留塩素の量も異なります。

農薬については、基準を満たしていれば総農薬数を検査する必要はないとされているため、その検査方法についても問題視されています。地域によっては総農薬数を検査しているところもありますが、上水場によって対応が異なること自体が問題だという声も挙がっています。

水道水の水質チェックにより、ある程度の安全性が確保されてはいるものの、基準が甘いとの指摘もあるようです。塩素が体にとって有害であるのは事実ですが、実際に塩素処理しなければ水道水は飲めません。最近では少量の塩素で安全性の高い水を生成する浄水システムの導入が検討されているものの、今度はコスト面で問題が生じるようです。

そんな中、水道水の危険から身を守るために、最近ではトリハロメタンなどの有害物質を除去できる家庭用浄水器が普及されているようです。もちろん汚染された水を綺麗にすることも大切ですが、私たちが水を汚さないような生活を心がけることが何より大切だと言えるのではないでしょうか。

関連ページ